松風花道会の歴史

大正6年 押川如水が松風流を創始、家元となる
昭和初期より 松風流一門による大華展を1年おきに三越、松坂屋他主要百貨店にて開催する
全国主要都市に支部を設立 他外国では米国、台湾等にも支部を持つ
昭和13年 外務省後援にてアメリカ派遣される
昭和15年 宣伝活動として「歌舞伎座」に、花を活ける
昭和23年 毎年米国、東南アジアに文化親善使節として派遣される
昭和25年 はとバスの観光コースに入り、松風流会館で家元によるいけばなのデモンストレーションを始める
昭和36年 靖国神社献花が始まる
「松風流50年祭」記念レコード制作する。松風流々歌、松風音頭
昭和41年7月 松風流家元押川如水没す
その後2世家元が大学教授として米国に永住の為、社中団結を計り会員制として発足
昭和49年 松風流を松風花道会と改め、初代会長に原田淑水を推挙
昭和50年 ホテルオークラにて、発会式を行う
松風花道会会報を創刊する
昭和52年12月 社団法人として認可を受け、会員数5000名となる
昭和53年 全国及び海外支部会員が出席し、明治神宮において認定式を行う
昭和58年 宮崎支部35周年記念花展を開催する
昭和60年6月 初代会長 原田淑水退任
昭和60年6月 会員一同の総意により、第2代会長に三橋慶水を推挙
平成4年5月 第2代会長 三橋慶水退任
平成4年6月 会員の推挙により、第3代会長増倉覚水となる
平成11年6月 第3代会長増倉覚水退任
平成11年6月 会員一同の総意により、第4代会長井上格水となる
平成16年3月 東京都豊島区駒込に松風花道会会館を取得し移転する
平成19年6月 創流90周年・社団法人設立30周年記念花展開催(於・椿山荘)
平成19年6月 第4代会長井上格水退任
平成19年6月 会員一同の総意により、第5代会長大崎華水となる
平成25年4月 公益社団法人の認可を受ける
平成25年6月 第5代会長大崎華水退任
平成25年6月 会員一同の総意により、第6代会長橋本栄水となる
 
役員 役員は、理事15名と監事2名を総会に於いて選出 理事会で、会長、副会長、常務理事、理事を推挙、年度の運営に当たる(定款)
活動 当会の活動は本部主催の花展の他、各支部展、本部研究会、講演会、実演、野外研究会等で伝統文化を広める
支部所在地 岩手県盛岡市、山形県山形市、福島県福島市、静岡県静岡市、静岡県伊東市、静岡県磐田市、静岡県浜松市、大阪府八尾市、宮崎県宮崎市、群馬県太田市
台湾台北市、ロスアンゼルス、インドネシア
地方ブロック所在地 埼玉県越谷市、神奈川県横浜市、千葉県千葉市

↑ページトップへ